高級感たっぷりのディオール コピー財布は、世界100個限定!

ディオールには、使い込むほどにしなやかさを増す野球グローブにインスパイアされてメンズ革小物を製作していたというルーツがある。その精神を受け継ぐ「Baseball Heritage Collection」が発売。なかでも注目すべきは、2種類のコピー財布。ヴィンテージの野球グローブを使った世界100個限定のブランドコピーの二つ折り財布にくわえ、愛用していたグローブを財布にリメイクしてくれるという日本限定のサービスも展開される。

昨年、創立50周年を迎えたディオール 財布 コピー。ブランドのスタート当初は、テッド・ウィリアムスやジョー・ディマジオら当時のメジャーリーガーが愛用していたグローブと同じ牛革が使われ、偽ブランドの財布やビジネスバッグ、ルームスリッパなどがつくられていたという。後に独自に開発されたのが「クラブタン・レザー」として知られるディオールのアイコニックな素材だ。さらにこの伝統的なレザーはその後も進化、現在は「レトロ・クラブタン・レザー」として多くのファンに親しまれている。
ディオール思い出のグローブを世界でひとつだ

初期のアイテムのハングタグには野球のボール型が採用されるなど、ディオールと野球との関係はじつに深い。「Baseball Heritage Collection」では、ディオールと野球との歴史を紐解くように、デザインチーム自らが探し集めたヴィンテージの野球グローブを使ってつくられた二つ折り財布が世界100個限定で登場。この財布はヴィンテージのグローブを解体、裁断してあらたに縫製。ヴィンテージグローブをもとにつくられているだけに、一つ一つ表情が異なり、限定品であることを示すスタンプとナンバリングが施された、世界で2つとないアイテムだ。

このほかに、ディオール コピーボール型ペーパーウェイトや有名スポーツメーカーとタッグを組んでつくられた野球のグローブをはじめ、アーカイブデザインに基づいたラギッドでハンサムなチョコレートカラーのジムバッグも登場。6月からディオール丸の内やディオール神戸、ディオールオンラインストアで限定発売される。カスタマイズグローブの売り上げは、被災児童のサポートにた、「Baseball Heritage Collection」の発売を記念し、思い出が詰まったグローブを財布にリメイクするという日本限定のカスタマイズグローブキャンペーンも展開。オーダー後、グローブをディオール本社の工房で職人が解体、裁断し、あたらしく財布として生まれ変わる。

このカスタマイズグローブの売り上げは全額、東日本大震災の被災地児童や福島県外に退避している児童とその家族を支援するNPO法人「こどもプロジェクト」「キッズドア」に寄付。被災児童向けのスポーツイベントの開催費用などに充てられる予定だ。汗や情熱が染み込んだ愛用のグローブが、ディオール 通販の技術と職人技により財布に生まれ変わる。かつての相棒が、大人になったいま再び相棒として活躍してくれるなんて、なんともステキなサービスではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です