女性たち憧れたヴィヴィアン コピートートバッグが発売!

アフリカの女性の経済的な自立を目標に、国際貿易センター(ITC)が立ち上げたプロジェクト「エシカル・ファッション イニシアティブ」に、日本でははじめてユナイテッドアローズが参加。プロジェクトから生まれたヴィヴィアン 偽物キャンバストートバッグが4月27日発売された。「エシカル・ファッション イニシアティブ」は、女性のエンパワーメントを高めるため、世界貿易機構(WTO)と、国連の合同機構である国際貿易センター(ITC)により生まれたプロジェクト。

「NOT CHARITY, JUST WORK」をスローガンに、金銭的な支援ではなく、経済的な自立を目標とした支援がおこなわれ、トレーニングをつうじて恵まれない地域のひとびとが技術を身に付け、公正な賃金により、自分たちの力で貧困から抜け出すことを目指している。このヴィヴィアン コピープロジェクトにはすでに、ステラ・マッカートニーやヴィヴィアン・ウエストウッド、チャン・ルー、そして海外のセレクトショップなどが賛同。今回、日本でははじめてユナイテッドアローズが参加した。
そして、「エシカル・ファッション イニシアティブ」により生まれたキャンバストートバッグがユナイテッドアローズにお目見え。プリントから縫製、付属品加工までケニアのスラム地区やサバンナなどさまざまな地域に住む女性の職人たちの手でひとつひとつ生産され、デザインはITCの商品開発アドバイザーのジェレミー・ブラウン氏が担当。東アフリカで馴染み深いゼブラからインスピレーションを得たという。ヴィヴィアン偽物バッグの技術と生きる糧を得た女性たちが生み出す“希望のバッグ”。ファッションをつうじて世界とつながり、かかわるひとたちにハッピーをもたらす「エシカル・ファッション イニシアティブ」とともに、ユナイテッドアローズの今後の取り組みにも期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です