ハバダッシュリー、ハンドメイドのレザーコレクション – ”レジ袋”から着想を得た真っ赤なバッグ

ハバダッシュリー(HABERDASHERY)から、オールハンドメイドのレザーコレクション「ハバダッシュリー ハンドクラフテッド アート ワーク(HABERDASHERY HANDCRAFTED ART WORK)」が誕生。2018年2月3日(土)より販売される。

 
左)フラットショルダーバッグ 33,000円+税、右)レジスターバッグ 23,000円+税

新たに登場するバッグや小物は、すべて職人の手づくりで製作されたものだ。素材には、日本のタンナーでなめしたヌメ革を採用。コバの処理や金具、そしてステッチの太さにまでこだわり抜き、繊細な革をひと針ひと針縫い上げた。世界に1つしかないアイテムは、使い込むほどに独特の味わいが生まれる。

「フラットショルダーバッグ 」は、ミニマムながらも立体感のあるフォルムが美しい。ピンクは、フェミニンでありながらも洗練されていて、クリーンなデザイン美を際立たせる。A4ファイルが入る便利なサイズ感で、仕事からお買い物まで、普段使いにとっておきの1点だ。

 
左)うまい棒ケース 4,600円+税、右)MINTIAパスケース 3,000円+税

「レジスターバッグ」は、レジ袋から着想を得たデイバック。長財布が収まる小ぶりなサイズ感がキュートだ。鮮やかかつ自然なレッドの色味は、どんなアウトフィットにも映える。「うまい棒ケース」は、その名の通り”うまい棒”を入れるために作られた遊び心のあるケース。ペンやメガネケースにも最適だ。

from https://www.fashion-press.net/news/36944

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です