ボッテガ・ヴェネタの新作「ザ・アルコ バッグ」レザーを編み込んだ建築的デザイン、メンズ&ウィメンズで

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は、2019年プレフォールコレクションの展開に先駆けて、新作バッグ「ザ・アルコ バッグ(The Arco Bag)」を2019年5月中旬より順次発売する。


ザ・アルコ バッグ(H38×W33×D3cm) 360,000円+税

1838年、ミラノの中心に建てられた、新古典主義様式の凱旋門「アルコ・デッラ・パーチェ(平和の門)」は、ボッテガ・ヴェネタ 2019年フォールコレクションランウェイショーの舞台にもなったメゾンのルーツを象徴する建築。その場所に由来して、この名が冠せられた「ザ・アルコ バッグ」は、フラップのドーム型形状と長いチューブ状のハンドルが描く曲線、そして安定感のある長方形の底部のフォルムからなる建築的なシルエットが魅力だ。

このシルエットを構築するのは、ボッテガ・ヴェネタのアイコンとも言うべき編み込み「イントレチャート」。「ザ・アルコ バッグ」では、ナチュラルな風合いのフレンチカーフ数種類を採用し、「イントレチャート」のベースとなるテープ状の「フェットゥーチェ」を特大幅にして、スエードを張り合わせた。内側には裏地をあえて施さないことで、バッグ本体の精緻なつくりを強調している。


ザ・アルコ バッグ 75 (H65×W75×D18cm) 765,000円+税

ウィメンズ向けのサイズだけでなく、大きいサイズのメンズ向け「ザ・アルコ バッグ 75」も展開。「ザ・アルコ バッグ 75」では、フレンチカーフとスエードを交互に編み込んだ。さらに、ソフトクロコダイル、独特のシボ感と落ち着いた光沢をもつカーフ「パルメラート」の組み合わせによる、「イントレチャート」デザインではないバージョンも登場する。

なお、「ザ・アルコ バッグ」は、2019年プレフォールコレクションの公式展開に先駆け、2019年4月9(火)から開催されるミラノサローネ国際家具見本市の期間中に発表される。

 

from

https://www.fashion-press.net/news/48851

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です